Home > september, 2011
Glass show case

r00151991

r0015202

ちょっと前にdieciさんに新しい什器を納品しました。

スチールのフレームで製作しましたガラスのショーケースです。

今回の僕のお仕事は、作る事ではなくてdieciさんのイメージを

職人さんにきちんと伝えて作ってもらうこと。

一見シンプルなショーケース、なんの問題もなくすぐできるじゃんと

思われがちですが、とても大変でした….。

見た目は、30mm角のフレームで構成されているのですが、

その中にすべての要素をいれてあります。

ショーケースの両側の扉、ガラスの棚を支える棚柱、表面を覆う

ガラスを留めるこぼれどめ….。

これらの要素を30mm角に納めたので、部材からすべて別注でした…。

でも、さすがは職人さん!できるもんです。

r0015200

仕上げは、これも初めて試みましたが、塗装の重ね塗り。

イメージは、使い込んで何度も塗装を塗り直したような感じです。

だから、塗ってはちょっと剥がして、また塗っての繰り返しです。

あとは使い込んで自然に剥がれていけばもっといい感じになると思います。

dieciさんに聞けば、こういったショーケースはなかなか思うようなものが

ないようです…。

だからつくっちゃおうよ!って思ってくれる人がいるから、僕たち職人さんは

いるんだなと実感します。

今回もとてもいい経験になりました。

r00152031

Next »